不動産買取のための仙台最新リサーチ

"仙台にある物件を不動産買取に出す予定。不動産買取というのは価格は業者が一方的に決めるものなのでしょうか?

不動産買取で気になる契約のナカミ

仙台の不動産業者に依頼した査定の際に出た「専任媒介契約」と「一般媒介契約」の話というのは、契約を一社に絞るか、オープンにて業界で共有するするかを意味しています。

概要をお話ししておきましょう。

◎不動産売買にある専任媒介契約と一般媒介契約。

仙台の不動産買取業者に限らず、不動産の売却・購入などでは、不動産仲介・流通業者との契約が必須となります。

仙台の不動産買取業者も買い換えを前提に話を聞いて契約の話をしたと思います。

業者がオーナーと交わす契約には「専任媒介契約」と「一般媒介契約」の2種類があり、業者はこれをオーナーに提示・説明したうえで、どちらか一方の契約スタイルを選んでもらうことになります。

◎2つの契約内容のどこがどのように違うのか。

「専任媒介」とは文字通り、不動産買取と購入の仲介をその会社一社にお願いして任せるという契約です。

「一般媒介」とは、不動産売買・仲介に関わる業界全体で売買物件情報を共有し、買主・売主となる希望者にセールスをかけるという契約です。

媒介が一社に絞られる専任では、一社でうごくため買取や売却に、多少の時間がかかることもあります。

◎専任媒介契約は、結果が出るまでに時間がかかることもありますが、その代わり、条件の見合った客を探し出してくれる可能性があります。

専任媒介は売買成立までに時間がかかることもありますが、条件に見合った客を見つけてくるなど業者は懸命の努力をしてくれます。

一般媒介は売買スピードが速くなりますが、条件面での折り合いがむずかしく、交渉に時間がかかる場合もあります。

Comments are currently closed.